超冷凍

世界一の技術

Itsumoのマグロは、「CAS」技術(セルアライブシステム)を使用して、捕獲後すぐに華氏マイナス130度(摂氏マイナス60度)で冷凍されます。 CAS凍結法は、分子レベルでの超音波振動を使用することにより細胞壁内の氷晶形成を防ぎ、その結果としてとれたての新鮮さを維持することを可能とします。この超冷凍テクノロジーは、細胞構造を原子レベルで維持します。

事実:日本で販売されているマグロの80%以上が超冷凍されています。

漁獲と生産

Itsumoの漁法、CASの凍結技術、超低温貯蔵法により、分子構造内の原子レベルでの活動が全て停止します。この独自の技術の利用は、漁船からサプライチェーンを経て世界中のお客様に商品が届くまで、厳格に維持されています。

Itsumoの冷凍マグロはカスタムメイドのBAPフリーバッグに詰められており、バッグの内側と外側の両方で病原菌の混入を防ぎます。 また、このItsumoの技術により、標準的な冷蔵庫で簡単に解凍することが可能です。

安全性

✔天然

✔COガスや化学薬品ゼロ

✔AAA 日本グレード

✔トリミング済み、血合なし

簡単な取り扱い

✔長い貯蔵寿命

✔通常の冷凍庫で保管可能

✔皮なし、骨なし、可食部100%

✔冷水による簡単な解凍法

Itsumo Foods.jpeg

ナショナルジオグラフィックによるインタビュービデオ

- 鮮度を保つItsumoの次世代技術